お知らせブログ

これからの季節に多くなる水没について【対処方法】【注意点】

店名

 

 

これからの季節に多くなる水没について

季節は春も終わりかけ、夏に入ろうとしています。

そんな時に多くなるのが、「水没復旧修理」です。

今回は水没した時の対処の手順、注意点、修理店で伝えると良いこと、の三つをご紹介させていただきます。

 

~水没後の対処~

① iPhoneをケースから外す。(なるべく傾けないようにする。)

②電源を落とす。

③ iPhoneの外側の水分をできるだけ取り除く。
(その際に、イヤホンジャックや充電差し込み口を無闇にいじらず、そっとしておく。)
④SIMカードを抜き取り、優しく水分を拭き取る。
⑤袋タイプのジップロックに米又は乾燥剤とともに入れ、1週間ほど放置する。又は、修理屋さんにクリーニング依頼をする。
~注意点~
・水分を落とそうと端末を振らない。
・乾かすためにドライヤーを使わない。
・電源がつくかどうかのテストをしない。
・SIMカードはできる限り、丁寧に拭く。
・iPhone防水ケースを過信しない。(安いものだと、穴が空いていたり、そもそもちゃんと閉まらないことがあります。)
~修理店に水没復旧修理を依頼する際に伝えると良いこと~
・いつ、どういう状況で水没したか。
・水の中にどのくらいの時間浸かっていたか。
・真水か、海水か、プールか、ジュースか、浸かった液体は何か。
・水没後電源を入れたか。
・iPhoneが熱くなるようなことはあったか。(ショートを起こした恐れ。)
・水没後どのような対処をしたか。
・データはこまめにパソコンなどに保存してあるか。
・カメラなど、iPhoneの基本的機能(電源がつく、画面を操作できる)以外にも故障パーツがあった場合、修理をするかどうか。

修理速報(iPhoneSE2 画面割れ修理)

本日はiPhoneSE2の画面割れ修理のご紹介です。

お持ちくださったiPhoneは、画面はつくものの、全体的にひび割れてしまっていました。

1番画面のガラスが剥がれ落ち、中身が露出しているような状態でした。
↓↓↓↓↓↓
こうなった経緯としては、暗闇でよく足元が見えない中転倒してしまい、その際に手に持っていたiPhoneを地面にぶつけてしまったそうです。
iPhoneは仕事上毎日使うものらしく、当日中の修理をお願いしたいとのことでした。
それでは早速修理していきます。
完了しました。
↓↓↓↓↓↓
iPhoneのことならなんでもスマートクール高の原店にお任せ下さい!

 

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら