修理実績リアルタイム速報

iPhoneの耐水機能とは?耐水テープの張り直しをおススメしています。

スマートクール高の原

 

①iPhoneの耐水機能とは?耐水テープの張り直しをおススメしています。

当店では、修理の際に耐水テープの貼り付けをおススメさせて頂いております。

 

「耐水テープ」とは、iPhoneの防水機能をひきあげるためのものです。

もともとiPhoneにはもともと生活防水機能というものがあり、その位は機種によって変わってきます。

  • iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max は、IEC 規格 60529 に基づく IP68 等級 (深さ 6 m まで、最長 30 分間) に適合。
  • iPhone 11 Pro および iPhone 11 Pro Max は、IEC 規格 60529 に基づく IP68 等級 (深さ 4 m まで、最長 30 分間)
  • iPhone 11 は、IEC 規格 60529 に基づく IP68 等級 (深さ 2 m まで、最長 30 分間) 
  • iPhone XS および iPhone XS Max は、IEC 規格 60529 に基づく IP68 等級 (深さ 2 m まで、最長 30 分間) 
  • iPhone SE (第 2 世代)、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus は IEC 規格 60529 に基づく IP67 等級 (深さ 1 m まで、最長 30 分間) 

iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、iPhone SE (第 2 世代)、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR は、ソーダ、ビール、コーヒー、紅茶、ジュースなど、一般的な飲み物を誤ってこぼしてしまっても耐性があります。液体をこぼしてしまったら、その部分を水道水ですすいでから、iPhoneを吹いて乾かしてください。

さてその生活防水機能ですが、「耐水テープ」によって支えられています。

耐水テープで本体とフロントパネルの間を隙間なく粘着することで水分の侵入をふせぎます。

普段ならば通常通り粘着している耐水テープですが、修理の際に基板とフロントパネルの隙間を空け修理すると剝がれてしまうのです。

そのため、修理後には生活防水機能が損なわれることになります。

修理とご一緒にプラス550円お支払い頂けると張り直させていただきます。

是非ご活用下さい。

 

 

②本日の修理速報

本日は、iPhone 11のフロントパネルの交換修理をさせて頂きたので、ご紹介させていただきます。

iPhone 11交換の際の注意点として、修理をすると、「既製品ではないパネルが使用されています。」などの警告文が4日ほど出てきますが、それ以外は何の問題もなくお使い頂けます!
また、比較的新しい機種の場合、在庫の取り扱いが少ないことがあるため、事前に在庫チェックを行う場合がございます。
さて早速本日のお客様なのですが、ガラスの上部から大きく
傷が入り、フィルムを貫通してしまっています。
手が滑って、iPhoneが階段を転げ落ちていったそう。
落下の衝撃により他の部分の故障も心配しましたがどうやら画面割れだけのようなので、早速フロントパネルを付け替え修理していきたいとおもいます!
完了しました。
きれいになりました。30分でお渡しさせて頂きました。
iPhoneのことでお困りの方は是非、当店にお任せ下さい。

 

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら